MENU
カテゴリー

WordPressにBasic認証を設定する方法を紹介!

WordPressにBasic認証を設定する方法を紹介!

takato(@n8takato)です!

WordPressでBasic認証を設定する方法を知りたい

この記事は上記の課題に向けて作成しています。

WordPressではBasic認証を設定することが出来ます。

設定方法が2つあるのでそれぞれの方法を紹介します。

この記事を読むメリット

  • WordPressでBasic認証を設定する方法がわかる

この記事を書いた人

この記事を書いた僕はこんな人です!

  • 都内制作会社でwebデザイナーとして勤務
  • webデザイナー3年目
  • web制作現場で学んだことを発信している人
目次

WordPressでBasic認証を設定する方法

早速WordPressでBasic認証を設定する方法を説明します。

WordPressのBasic認証は2通りの方法があります。

WordPressにBasic認証を設定する2つの方法

  • 「プラグイン」からの設定方法
  • 「サーバー管理画面」からの設定方法

「プラグイン」からの設定方法

1つ目はプラグインを使用した方法です。

下記のプラグインを使用します。

使用するプラグイン

  • HTTP Auth

①「HTTP Auth」のインストール

始めにプラグインをインストールします。

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択します。
「プラグイン」→「新規追加」

続いて「HTTP Auth」と検索します。

続いて「HTTP Auth」と検索します。
「HTTP Auth」と検索

今すぐインストール」を選択します。

「今すぐインストール」を選択します。
「今すぐインストール」

最後に「有効化」を選択してください。

最後に「有効化」を選択してください。
「有効化」

②「HTTP Auth」の設定

続いて「HTTP Auth」の設定を行います。

WordPress管理画面から「HTTP Auth」→「Settings」を選択します。

WordPress管理画面から「HTTP Auth」→「Settings」を選択します。
「HTTP Auth」→「Settings」

Username」と「Password」に文字を入力します。

「Username」と「Password」に文字を入力します。
「Username」と「Password」を入力

Complete Site」と「Activate HTTP Authentication」にチェックを入れます。

「Complete Site」と「Activate HTTP Authentication」にチェックを入れます。
チェックを入れる

最後に「Save Changes」を選択します。

最後に「Save Changes」を選択します。
「Save Changes」を選択

③Basic認証の確認

実際にBasic認証が設定されているか確認します。

ブラウザをシークレットモードにしてサイトを開きます。

ユーザー名」と「パスワード」を要求されたらBasic認証の設定がされています。

「ユーザー名」と「パスワード」を要求されたらBasic認証の設定がされています。
Basic認証の完成

プラグインを使った方法は以上です。

「サーバー管理画面」からの設定方法

2つ目はサーバーの管理画面から設定する方法です。

今回はエックスサーバーでの方法を紹介します。

①サーバーパネルにログインする

始めにエックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

ログインURL

「サーバーID」と「サーバーパスワード」を入力してログインします。

※「サーバーID」と「サーバーパスワード」はエックスサーバー契約時に送られるメールに記載されています。【Xserverアカウント】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] という件名で送られます。

②Basic認証を設定する

続いてBasic認証を設定します。

ホームページ」→「アクセス制限」を選択します。

エックスサーバーのサーバーパネルから「ホームページ」→「アクセス制限」を選択します。
「ホームページ」→「アクセス制限」を選択

Basic認証を設定するドメインを選択します。

Basic認証を設定するドメインを選択します。
ドメインの選択

ユーザー設定」を選択してします。

「ユーザー設定」を選択してします。
「ユーザー設定」を選択

ユーザーID」と「パスワード」を入力し、「確認画面へ進む」を選択します。

「ユーザーID」と「パスワード」を入力し、「確認画面へ進む」を選択します。
「ユーザーID」と「パスワード」を入力

確認して問題なければ「追加する」を選択します。

確認して問題なければ「追加する」を選択します。
「追加する」を選択

「現在のフォルダ」の「アクセス制限」をONにして、「設定する」を選択します。

「現在のフォルダ」の「アクセス制限」をONにして、「設定する」を選択します。
「アクセス制限」をON

※実際にログインする時は先ほど入力した「ユーザーID」と「パスワード」を使用します。

③Basic認証の確認

先ほど同様Basic認証の確認を行います。

シークレットモードのブラウザで確認します。

ユーザーID」と「パスワード」が要求されたら設定完了です。

Basic認証を設定するメリット

web制作ではBasic認証を頻繁に使用します。

Basic認証を設定するメリットは主に2つあります。

Basic認証を設定するメリット

  1. 公開前にロック出来る
  2. 会員サイトを作ることが出来る

公開前にロック出来る

1つ目のメリットは「公開前のサイトをロックすることが出来る」です。

web制作現場でBasic認証を設定するほとんどの理由がこれになります。

サイトを公開するまでは関係者以外誰にも見られたくありません。

そういった場合にBasic認証を設定してパスワードを知っている人しか見れないようにするのです。

web制作現場ではこういった理由でBasic認証を設定します。

会員サイトを作ることが出来る

2つ目のメリットは「会員サイトを作ることが出来る」です。

Basic認証を設定することで会員制のサイトにすることが出来ます。

会員登録した方のみにパスワード等を共有することで会員のみ入ることが出来るようになります。

会員制サイトにしたい場合もBasic認証が使用出来ます。

WordPressでBasic認証は簡単

最後にまとめです。

WordPressでBasic認証を設定する2つの方法

  • 「プラグイン」で設定出来る
  • 「サーバー管理画面」から設定出来る

Basic認証は簡単に設定できます。

まだやったことの無い方は設定してみてください。

WordPressに関する他の記事はこちら

あわせて読みたい
All-in-One WP Migrationの使い方を紹介! 「All-in-One WP Migration」の使い方を知りたい この記事では上記の課題に向けて作成しております。 「All-in-One WP Migration」はサイトを移行する際に使うプラグイ...
あわせて読みたい
WordPressのログインURLを変更する方法を紹介! WordPressのログインURLを変更する方法を知りたい この記事は上記の課題に向けて作成しています。 WordPressでサイトを運営する場合ログインURLを変更する必要がありま...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次