WordPressのバックアップにオススメなプラグイン!

WordPressのバックアップにオススメなプラグイン!

takato(@n8takato)です!

WordPressでバックアップ出来るオススメのプラグインを知りたい

この記事は上記の課題に向けて作成しています。

WordPressを運営する場合は定期的にバックアップを取る必要があります。

プラグインを使用することで簡単にバックアップを取ることが出来ます。

この記事ではWordPressでバックアップが取れるプラグインを紹介します。

この記事を読むメリット

  • WordPressでバックアップを取れるプラグインがわかる

この記事を書いた人

この記事を書いた僕はこんな人です!

  • 都内制作会社でwebデザイナーとして勤務
  • webデザイナー3年目
  • web制作現場で学んだことを発信している人
目次

WordPressのバックアップにオススメなプラグイン

早速WordPressのバックアップにオススメなプラグインを紹介します。

今回紹介するプラグインはこちらです。

WordPressのバックアップにオススメなプラグイン

  • 「All-in-One WP Migration」

All-in-One WP Migration

「All-in-One WP Migration」はサイト引越用に使用されるプラグインです。

バックアップとしても活用出来ます。

「All-in-One WP Migration」をインストール

始めにプラグインをインストールします。

①「新規追加」を選択

WordPress管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

WordPress管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択します。
「新規追加」を選択

②プラグインを検索

画面右からプラグインを検索します。

画面右からプラグインを検索します。
プラグインを検索

③プラグインをインストール

「All-in-One WP Migration」をインストールします。

「All-in-One WP Migration」をインストールします。
「All-in-One WP Migration」をインストール

④プラグインを有効化

「All-in-One WP Migration」を有効化します。

「All-in-One WP Migration」を有効化します。
「All-in-One WP Migration」を有効化

バックアップを取る

続いてバックアップを取る方法を説明します。

①「エクスポート」を選択

WordPress管理画面から「All-in-One WP Migration」→「エクスポート」を選択します。

WordPress管理画面から「All-in-One WP Migration」→「エクスポート」を選択します。
「エクスポート」を選択

②「エクスポート先」→「ファイル」を選択

「エクスポート先」から「ファイル」を選択します。

「エクスポート先」から「ファイル」を選択します。
「ファイル」を選択

③「ダウンロード」を選択

最後にダウンロードを選択します。

最後にダウンロードを選択します。
ダウンロードを選択

するとバックアップデータをダウンロードすることが出来ます。

バックアップを取る工程は以上です。簡単ですね。

データを復元させる

バックアップデータを復元させる方法を紹介します。

①「インポート」を選択

WordPress管理画面から「All-in-One WP Migration」→「インポート」を選択します。

WordPress管理画面から「All-in-One WP Migration」→「インポート」を選択します。
「インポート」を選択

②データを選択

続いてインポートするデータを選択します。

続いてインポートするデータを選択します。
データを選択

するとインポートが開始されます。

※「All-in-One WP Migration」はインポート容量に制限があります。しかしプラグインのソースコードを編集することで上限を増やすことが出来ます。

あわせて読みたい
【2023年版】all-in-one wp migrationの容量を無料で上げる方法! all-in-one wp migrationの容量を無料で上げる方法を知りたい この記事は上記の課題に向けて作成しています。 本来は「All-in-One WP Migration Unlimited Extension」...
¥2,200 (2022/04/14 12:53時点 | Amazon調べ)

WordPressでバックアップを取る理由

冒頭で定期的にバックアップを取る必要があると言いました。

定期的にバックアップを取る理由は下記の通りです。

定期的にバックアップを取る理由

  • WordPressはセキュリティがあまり高くないから

WordPressはオープンソースなので脆弱性の高いツールになります。

不正ログインでサイトのデータが消えてしまう恐れもあります。

万が一データが消えても復元出来るように定期的に行う必要があります。

※「ログインURLの変更」などセキュリティ対策を行うことで脆弱性の高さをカバー出来ます。

あわせて読みたい
WordPressでログインURLを変更する方法を紹介! WordPressのログインURLを変更する方法を知りたい この記事は上記の課題に向けて作成しています。 WordPressを運営する場合はログインURLを変更する必要があります。 ロ...

WordPressのバックアップを取るシーン

実際にバックアップを取るタイミングは下記のようなシーンがオススメです。

  • WordPress本体のバージョンを変更する際
  • 使用しているテーマのバージョンを変更する際
  • 使用しているプラグインのバージョンを変更する際

上記のバージョンを変更する際にバックアップを取ることをオススメします。

バージョン変更でサイトが崩れることもある

上記のバージョンを変更することでサイトが崩れてしまう恐れがあります。

特にWordPress本体のバージョンを変更するとサイトデザインに影響が及ぶことがあります。

そのため事前にバックアップを取る必要があります。

バージョン変更は定期的にあるのでそのタイミングにバックアップをオススメします。

定期的にバックアップを取ろう

最後にまとめです。

WordPressでバックアップを取るオススメなプラグイン

  • 「All-in-One WP Migration」

「All-in-One WP Migration」は簡単にバックアップの取れるプラグインです。

まだインストールしていない方は是非導入してください。

¥2,200 (2022/04/14 12:53時点 | Amazon調べ)
あわせて読みたい
現役webデザイナーがオススメするスクール3選! webデザインを学ぶのにオススメなスクールを知りたい この記事は上記の課題に向けて作成しています。 webデザインが学べるスクールがいくつか存在します。 その中でオス...
あわせて読みたい
WordPressで画像を圧縮する方法を紹介! WordPressで画像を圧縮す方法を知りたい この記事は上記の課題に向けて作成しています。 WordPressでは簡単に画像を圧縮する事が出来ます。 画像の圧縮方法を知らない方...
あわせて読みたい
WordPressでリダイレクトする方法を紹介! WordPressにリダイレクトを設定したい この記事では上記の悩みを解決します。 サイトを運営しているとリダイレクト設定する機会があります。 リダイレクトはweb制作者に...
  • URLをコピーしました!
目次