アドセンスの審査に記事数は関係あるのかという話【結論あまり関係無し】

アドセンスの審査に記事数は関係あるのかという話【結論あまり関係無し】

takato(@n8takato)です!

アドセンスの審査に通過しない方は、下記のような悩みを抱えるのではないでしょうか?

アドセンスの審査に記事数は関係あるのか?

タイトルに記載されている通り、アドセンスの審査には記事数はあまり関係ありません。記事数があまり関係無いと思う理由をみなさんに説明します。

また、記事の後半ではアドセンスの審査を楽に通過する方法も紹介します。

アドセンスの審査に通過したいという方は、是非読んでください。

この記事でわかること

  • アドセンスの審査に記事数はあまり関係無いということ

WordPressのテーマがswellの方向けに、アドセンスの申請コードを貼る方法に関する記事を作成しています。

詳しくは「swellでGoogleアドセンスの申請コードを貼る方法を紹介!」を読んでください。

あわせて読みたい
swellでGoogleアドセンスの申請コードを貼る方法を紹介! swellを使用していてGoogleアドセンスの審査に申請しようとしている方は、下記のような悩みを抱えていませんでしょうか? swellの場合どこに申請コードを貼れば良いの?...
目次

アドセンスの審査に記事数は関係あるのか?(あまり関係無いです)

早速アドセンスの審査に記事数はあまり関係無いと思う理由を説明します。

記事数があまり関係無いと思う理由

Googleは記事数で判断していないから

Googleは記事数で判断していない

そもそも、アドセンスの審査においてGoogleは記事数では判断していないと考えられます。

理由は、Google AdSenseヘルプには記事数に関する内容が明記されていないからです。

反対に、明記されているのは下記の内容です。

Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシーで定められているように、AdSense 広告は、独自性がないコンテンツや著作権で保護されたコンテンツを掲載しているサイトには表示できません。

Google AdSenseヘルプ Google AdSense のコンテンツとユーザー エクスペリエンス

上記の内容によると、独自性の無いコンテンツには広告が表示出来ないということです。

つまり、独自性の無いコンテンツが含まれているサイトはアドセンスの審査に通過出来ない可能性が高いことが推測出来ます。

コンテンツの独自性とは?

コンテンツの独自性とはどのようなことを意味しているのでしょうか?

それは、他のサイトには無い情報が含まれているコンテンツのこと意味します。

実際に自分が経験したことや感じたことを記事に書くことで、その記事の独自性が高まります。

つまり、自分の言葉で記事を書くことで記事に独自性が生まれるということです。

コンテンツの独自性を測る方法

コンテンツの独自性を直接測ることは出来ませんが、独自性を文字の一致率と考えれば測ることが出来ます。

コピペチェックツールを使用することで文字の一致率を測ることが出来ます。

CopyContentDetectorというツールでチェックを行うことが出来ます。4,000文字以内であれば無料で使用することが出来ます。

自分のコンテンツの一致率が気になる方は是非測ってみてください。

アドセンスの審査は何記事くらいが良いか?

実際にアドセンスに審査をする際、5〜7記事くらいがおすすめです。

5〜7記事くらいがおすすめな理由

僕はこれまで記事数はあまり関係無いと伝えてきましたが、関係のある部分も少しだけあります。

それは、記事数が少ないとブログが正しく理解されないという点です。

5記事くらい無いと、ブログが正しく理解されません

アドセンスの審査に通過するためにも、正しく理解される必要があります。最低でも5記事ほど作るようにしましょう。

8記事以上はおすすめしない理由

記事数は多いに越したことが無いと考えている人もいると思います。しかし、多くの記事を公開した状態でアドセンスの審査に申請するのはおすすめしません。

記事数は少ない方が良い理由

審査に落ちた際、原因の記事を特定しやすいから

記事数が多い状態だと、原因の記事を特定するのに手間と時間がかかってしまいます。

そうならないためにも、記事数は5〜7くらいにしましょう。

カテゴリーは1つで十分

ブログのカテゴリー数に悩む方もいると思いますが、カテゴリーは1つで十分です。

カテゴリーが1つで十分な理由

カテゴリーに対する記事数が少ないと、情報量の少ないブログと解釈されてしまう

1つのカテゴリーに対して記事数が3つくらいだと、そのカテゴリーに精通していないと解釈されてしまいます。

これもアドセンスの審査に落ちる原因の1つなので、カテゴリーは1つに絞りましょう。

僕は「デザイン」と「コーディング」の2つのカテゴリーを作っていましたが、「webデザイン」というカテゴリー1つに絞りました。

上手くまとめて1つのカテゴリーにしましょう。

アドセンスの審査を楽に通過する方法はあるのか?(あります)

アドセンスの審査を楽に通過する方法があります。それは大切なポイントをしっかりと抑えることです。

アドセンスの審査で大切な8つのポイント

アドセンスの審査で大切なポイントは8つあります。

  1. 問い合わせページを作成する
  2. 記事のカテゴリーは1つにする
  3. サイトマップページを作成する
  4. サイト管理者ページを作成する
  5. 記事数は5〜7を目安に作成する
  6. プライバシーポリシーページを作成する
  7. 作成した記事の一致率を30%未満にする
  8. 記事がインデックスされているか確認する

上記8つのポイントを抑えることで、アドセンスの審査に通過することが出来ます。

ただ闇雲に頑張るのではなく、大切なポイントを押さえるだけで楽に審査に通過することが出来ます。

具体的な内容は他の記事でまとめています。詳しくは「Googleアドセンスの審査を楽に通過するポイントを8つ紹介!」の記事を読んでください。

あわせて読みたい
Googleアドセンスの審査を楽に通過するポイントを8つ紹介! Googleアドセンスの審査を楽に通過したい この記事では上記の課題を解決します。 ブログを始めた方にとって、Googleアドセンスの審査は最初の難関かと思います。審査に...

最後に | 独自性の高い記事を作成しよう

アドセンスの審査に記事数はあまり関係ありません。数よりも記事の独自性の方が大切です。

自分が体験したことや感じたことなどを入れることで、記事の独自性が増します。

独自性を高めてアドセンスの審査に通過しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる