WordPressの初期設定を4つ紹介します!【必要最小限です】

WordPressの初期設定を必要最小限4つ紹介します!

takato(@n8takato)です!

WordPressの必要な初期設定を最小限知りたい

この記事では上記の課題を解決します。

WordPressをインストールする予定の方は、どのような初期設定が必要なのか調べているかと思います。しかし、必要な初期設定が多すぎて、インストールするのが億劫になっているのではないでしょうか。

そんな方を対象に、WordPressの初期設定を必要最小限教説明します。WordPressの初期設定の多さでストレスを感じている方は必見です。

この記事でわかること

  • WordPressの必要最小限の初期設定
  • 余裕のある方向けに、追加でやった方が良い初期設定
目次

必要最小限のWordPressの初期設定4個

必要最小限のWordPressの初期設定4個
必要最小限のWordPressの初期設定4個

必ずやった方が良いWordPressの初期設定を4つ説明します。

この4つは、サイトがインデックスされてから変更するとPV数の減少に繋がってしまうため、インデックスされる前に設定しておく必要があります。

必ずやった方が良いWordPressの初期設定4つ

  1. サイトのSSL化
  2. サイトのタイトル
  3. パーマリンクの設定
  4. WordPressのテーマ

サイトのSSL化

SSL化とは?

セキュリティー向上のために、ブラウザとサーバー間のやりとりを暗号化すること

WordPressはブラウザでサイトを修正することが出来ます。そのため、保存する度にサーバーへ更新内容を送っています。

サイトがSSL化されていないと、サーバーへ送っている内容が第三者に把握されてしまい、サイトが改ざんされてしまう恐れがあります。

自分のサイトを守るために、SSL化の設定をしましょう。

SSL化されているかの確認方法

自分のサイトのURLが、「https」になっているかどうか

サイトのURLは、「https://〜」となっています。この部分にsが抜けている状態(http://)の場合、SSL化がされていない状態となります。

自分のサイトのURLがhttpsになっているか確認してみてください。

ちなみに、SSL化されていないと、URLの部分に「保護されていない通信」と表示されます。

サイトをSSL化する方法

サイトをSSL化する方法は、サーバーの管理画面から行うことが出来ます。僕はエックスサーバーを使用しているので、エックスサーバーで説明します。

エックスサーバーのサーバーパネルからログインしてください。サーバーパネル画面にある「SSL設定」を選択し、ドメインを選択することでSSL化を行うことが出来ます。

SSL化の設定
SSL化の設定

サイトのタイトル

サイトのタイトルは、サイトの名前のことを意味します。

サイトのタイトルは容易に変更することが出来ます。しかし、Googleにインデックスされた後に変更しても、変更内容が反映されるまでに時間がかかる場合があります。

そのため、検索結果に表示されるサイトのタイトルが変更前のままという現象が起きるのです。

もちろんある程度時間が経てば反映されますが、すぐに反映されないというデメリットがあります。

サイトタイトルの変更方法

サイトのタイトルはWordPressの管理画面から変更することが出来ます。

WordPressの管理画面」→「設定」→「一般」→「サイトのタイトル

上記の順番でサイトのタイトルを変更する場所にたどり着けます。

サイトのタイトル変更
サイトのタイトル変更

パーマリンクの設定

パーマリンクの設定も後で変更することが出来ますが、インデックスされた後に変更するとPV数の減少に繋がるので、最初に設定しておくことをおすすめします。

パーマリンクとは?

webサイトのページ毎に設定されているURLのこと

パーマリンクはシンプルなものにすることで、Googleから高評価をもらうことが出来ます。

しかし、WordPressのデフォルトの設定だとパーマリンクに日付が付いた状態になってしまいます。

パーマリンクはシンプルにするべきなので、日付の設定を解除する必要があります。

パーマリンクの設定方法

  1. WordPressの管理画面
  2. 設定
  3. パーマリンク
  4. 共通設定を「投稿名」に設定

上記の手順で行うことで、パーマリンクを一番シンプルなものにすることが出来ます。

パーマリンクの設定
パーマリンクの設定

パーマリンク設定の注意点

今後記事を作成するごとに、その記事のパーマリンクを作成することになります。

パーマリンクは必ず英語で作成するようにしてください

パーマリンクが日本語だと、Googleに正しく理解されないため、パーマリンクは英語で記載するようにしてください。

例えば「webデザインの勉強」に関する内容の記事を作成したら、パーマリンクは「study-web-design」のように作成してください。決して日本語では記載しないようにしてくださいね。

WordPressのテーマ

WordPressのテーマも後から簡単に変更することができますが、テーマを変更するとデザインが崩れたりするため、修正に時間がかかります。

ある程度記事が公開されてからテーマを変更するのは手間がかかるため、記事を作成する前にどのようなデザインにするか決めておきましょう。

テーマとは?

サイト全体のデザインや機能を簡易的に作成してくれるフォーマット

WordPressには数多くのテーマが存在しており、テーマ毎にデザインや付属の機能が異なります。また、選べるテーマは1つです。

テーマには無料のものと有料のものがあります。WordPress初心者は基本的に無料のテーマをお勧めしますが、長期的にWordPressを触る予定なのであれば、有料テーマを購入するのもありです。

テーマの設定方法

  1. WordPressの管理画面
  2. 外観
  3. テーマ

上記の手順でテーマの変更画面に行くことが出来ます。

テーマ画面からテーマを選択することが出来ます。また、有料テーマはテーマの公式サイトからダウンロードし、zipファイルをアップロードする形になります。

おすすめなテーマ

WordPressの無料テーマは様々な種類がありますが、ブログをやるのであればcocoon1択です。cocoonはSEO対策が充実しており、検索順位の向上を手助けしてくれます。

また、アナリティクスの設定や広告の配置なども簡単に行えるので、初心者におすすめなテーマです。

有料はswellというテーマがお勧めです。swellはサイトの読み込み速度が速く、余計なプラグインを必要としません。そのため、サイトを軽い状態に維持することが出来るのです。

swellテーマは税込17,600円です。少し値段がかかりますが、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

やった方が良い初期設定6個

やった方が良い初期設定6個
やった方が良い初期設定6個

余裕のある方向けに、やった方が良い初期設定を紹介します。

やった方が良い初期設定

  1. 表示設定
  2. プラグインの導入
  3. 問い合わせページの作成
  4. サイトマップページの作成
  5. ブログ管理者の紹介ページ
  6. プライバシーポリシーページの作成

表示設定

表示設定とは、サイトの1ページ毎にブログ記事をいくつ載せるかを設定する内容です。
ブログのテーマに応じて1ページ毎の記事数を設定する必要があります。

僕のブログは1ページ毎に9つの記事を載せています。

ブログのトップページ
ブログのトップページ

僕のブログは3✖️3で表示しているので、1ページ毎の記事数を9つに設定することで綺麗に表示されます。

表示数の設定方法

  1. WordPressの管理画面
  2. 設定
  3. 表示設定
  4. 「1ページに表示する最大投稿数」を修正

上記の手順で設定することが出来ます。

投稿数の設定
投稿数の設定

この数字が1ページに表示される記事数を指しています。好みの数字に変更してください。

プラグインの導入

プラグインを導入することで、サイトを強化することが出来ます。

プラグインとは?

プラグインとは、サイトに機能を追加する拡張機能のようなもの

WordPressには機能を拡張するためのプラグインが数多く存在していおり、それらを導入することでWordPressに新たな機能を追加することが出来ます。

ただ、プラグインを使用する際デメリットもあります。

プラグインのデメリット

サイトが重くなり、読み込み速度が遅くなる

サイトの読み込み速度はSEOに直結します。読み込み速度が早ければ、Googleから高評価を得ることが出来ます。しかし、WordPressを導入すると、サイトが重くなってしまいます。

そのため、プラグインは必要最低限導入することをおすすめします。

プラグインの導入方法

プラグインの導入手順は下記の通りです。

  1. WordPressの管理画面
  2. プラグイン
  3. 新規追加から導入したいプラグインを検索

上記の流れでプラグインを導入することが出来ます。導入した後「有効化」を選択することで、プラグインを活動させることが出来ます。

プラグインの中には、WordPressのセキュリティーを向上してくれるものがあります。詳しくは「WordPressのセキュリティー向上におすすめなプラグイン4選!」の記事を読んでください。

問い合わせページの作成

WordPressでブログを運営する場合は、問い合わせページの作成が必須になります。

問い合わせページとは?

サイト管理者へ問い合わせする際のページ

サイト訪問者がサイト管理者へ連絡したい時、問い合わせページから連絡することが出来ます。ブログを運営する場合は、問い合わせページを作成する必要があります。

Googleアドセンスの審査に通過する際も問い合わせページの作成は必須になるので、早いうちに作成しておくことをおすすめします。

Googleアドセンスの審査については、「Googleアドセンスの審査を楽に通過する方法を紹介!」という記事を読んでください。

問い合わせページの作り方

問い合わせページは、プラグインまたはGoogleフォームで作成することが出来ます。プラグインだとサイトが重くなってしまうので、Googleフォームで作成しましょう。

サイトマップページの作成

WordPressでブログを運営する場合は、こちらのページの作成も必要です。

サイトマップページとは?

サイト全体の構成をまとめたページ

Googleアドセンスの審査に通過するためには、サイトマップページの作成も必須になります。

サイトマップページの作り方

サイトマップは、ショートコードまたはプラグインで作成することが出来ます。

cocoonというテーマを使用している場合は、ショートコードでサイトマップページを作成することが出来ます。それ以外のテーマの場合は、プラグインで作成しましょう。

ブログ管理者の紹介ページ

Googleアドセンスの審査に通過するためには、ブログ管理者の紹介ページも必須になります。

ブログ管理者の紹介ページとは?

ブログ運営者の自分がどのような人物なのかを紹介するページ

読者に自分がどのような人物か伝えることの出来るページです。ブランディングにも繋がるので、是非作成しましょう。

ブログ管理者の紹介ページの作り方

ブログ管理者の紹介ページは下記の手順で作成することが出来ます。

  1. WordPress管理画面
  2. 固定ページ
  3. 新規追加

固定ページの新規追加から作成することが出来ます。作成したら、グローバルメニューに設定しましょう。

プライバシーポリシーページの作成

問い合わせページの作成をしたらプライバシーポリシーページも作成する必要があります。

プライバシーポリシーページとは?

サイト訪問者の情報をどのように管理するか明記したページ

問い合わせページで入力されたメールアドレスがサイト訪問者のプライバシー情報に値します。この情報をどのように管理するのかを明記したページを作成する必要があるのです。

プライバシーポリシーページの作成方法

プライバシーポリシーページは下記の手順で作成できます。

  1. WordPressの管理画面
  2. 固定ページ
  3. 新規追加

この手順で作成することが出来ます。

プライバシーポリシーの文面は、雛形がネット上にあるので、そちらを参考に作成してください。

最後に

この記事ではWordPressに必要な最小限の初期設定を紹介しました。

WordPressはプログラミングの知識が無くてもある程度サイトを作成することの出来る優れたツールになります。是非WordPressをインストールしてみてください。

¥2,200 (2022/04/14 12:53時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる