MENU
カテゴリー

WordPressのログインURLを変更する方法を紹介!

WordPressのログインURLを変更する方法を紹介!

takato(@n8takato)です!

WordPressのログインURLを変更する方法を知りたい

この記事は上記の課題に向けて作成しています。

WordPressでサイトを運営する場合ログインURLを変更する必要があります。

ログインURLは簡単に変更することが出来ます。

この記事はWordPressのログインURLを変更する方法を説明します。

この記事を読むメリット

  • WordPressでログインURLを変更する方法がわかる

この記事を書いた人

この記事を書いた僕はこんな人です!

  • 都内制作会社でwebデザイナーとして勤務
  • webデザイナー3年目
  • web制作現場で学んだことを発信している人
目次

WordPressのログインURLを変更する方法

WordPressのログインURLは「プラグイン」で変更することが出来ます。

WordPressのログインURLを変更出来るプラグインは2つあります。

WordPressのログインURLを変更出来る2つのプラグイン

  • 「WPS Hide Login」
  • 「SiteGuard WP Plugin」

WPS Hide Login

「WPS Hide Login」はWordPressのログインURLを変更出来るプラグインです。

「WPS Hide Login」をインストールする

まずは「WPS Hide Login」をインストールします。

①WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択します。
「プラグイン」→「新規追加」

②「WPS Hide Login」を検索

検索画面から「WPS Hide Login」を記入します。
「WPS Hide Login」を検索

③「WPS Hide Login」をインストール

「WPS Hide Login」をインストールします。
「WPS Hide Login」をインストール

④「WPS Hide Login」を有効化

「WPS Hide Login」を有効化します。
「WPS Hide Login」を有効化

以上でプラグインのインストールは終了です。

「WPS Hide Login」でログインURLを変更する

続いてログインURLを変更します。

①WordPress管理画面より「設定」→「WPS Hide Login」を選択

WordPress管理画面より「設定」→「WPS Hide Login」を選択します。
「設定」→「WPS Hide Login」

②「ログインURL」にURLを記述する

「ログインURL」にURLを記述します。
「ログインURL」にURLを記入

※記述したURLを忘れると次回以降ログイン出来なくなります。保存する前にコピーするのを忘れないようにしましょう。

③「変更を保存」を選択

「変更を保存」を選択します。
「変更を保存」

以上でログインURLの変更が完了です。

次回以降は記入したURLがログインURLになります。

SiteGuard WP Plugin

「SiteGuard WP Plugin」もログインURLを変更出来るプラグインです。

「WPS Hide Login」との違いは「他にもセキュリティー系の機能がある」という点です。

「SiteGuard WP Plugin」の機能

  • ログインURLを変更出来る
  • 画像認証
  • ログインロック
  • ログインアラート
  • フェールワンス など

複数回間違えると一定期間ログイン出来なくなる「ログインロック」や始めの1回は必ずエラーになる「フェールワンス」などの機能が備わっています。

上記の機能も備わっているという点が「WPS Hide Login」との違いです。

「SiteGuard WP Plugin」をインストールする

①WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択

WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」を選択します。
「プラグイン」→「新規追加」

②「SiteGuard WP Plugin」を検索

検索画面から「SiteGuard WP Plugin」を検索します。
「SiteGuard WP Plugin」を検索

③「SiteGuard WP Plugin」をインストール

「SiteGuard WP Plugin」をインストールします。
「SiteGuard WP Plugin」をインストール

④「SiteGuard WP Plugin」を有効化

「SiteGuard WP Plugin」を有効化します。
「SiteGuard WP Plugin」を有効化

「SiteGuard WP Plugin」でログインURLを変更する

ログインURLを変更します。

①WordPress管理画面より「SiteGuard」を選択

WordPressの管理画面より「SiteGuard」を選択します。
「SiteGuard」を選択

②「ログインページ変更」を選択

「ログインページ変更」を選択します。
「ログインページ変更」を選択

③「変更後のログインページ名」に記述

「変更後のログインページ名」にURLを記述します。
「変更後のログインページ名」にURLを記入

※次回以降のログインURLはここに記述したURLになります。忘れないようにコピーしてから保存してください。

④設定を「on」にして「変更を保存」する

「on」に設定して「変更を保存」を選択します。
「ON」にして「変更を保存」

ログインURLの変更は以上で完了です。

次回以降は変更したURLでログインすることになります。

WordPressのログインURLを変更した方が良い理由

記事の冒頭で「WordPressのログインURLを変更した方が良い」と説明しました。

ログインURLを変更した方が良い理由は下記の通りです。

  • 誰でもログイン画面にアクセスされてしまうから

デフォルトではログイン画面のURLが決まっている

WordPressはログイン画面のURLが元々決まっています。

WordPressのログイン画面のURL

  • https:// 自分のサイトのURL /wp-admin/

サイトURLの後ろに「/wp-admin/」を付けるとログイン画面に入ることが出来てしまいます。

つまりこの知識を知っている人はログイン画面に入ることが出来てしまうのです。

※「ユーザー名」と「パスワード」を当てられるとサイトに入ることが出来てしまいます。

ログイン画面に入られないためにもURLを変更しておく必要があるのです。

ログインURLを変更してセキュリティーを高めよう

WordPressのログイン画面のURLはプラグインで変更出来ます。

基本的には「SiteGuard WP Plugin」というプラグインで問題ありません。

使用しているテーマによっては相性が悪いこともあります。その場合は「WPS Hide Login」を使用してください。

WordPressに関する他の記事はこちら

あわせて読みたい
All-in-One WP Migrationの使い方を紹介! 「All-in-One WP Migration」の使い方を知りたい この記事では上記の課題に向けて作成しております。 「All-in-One WP Migration」はサイトを移行する際に使うプラグイ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次