国民健康保険に加入する方法を紹介!退会方法も合わせて説明します!

国民健康保険に加入する方法

takato(@n8takato)です!

国民健康保険の加入方法を知りたい

この記事では上記の課題を解決します。

フリーランスなどの個人事業主として活動している方は、国民健康保険に加入する必要があります。
また、転職する際会社に属さない期間がある場合も、その間は国民健康保険に加入する必要があります。

今回は国民健康保険に加入する方法を説明します。

この記事でわかること

  • 国民健康保険の加入方法
  • 国民健康保険の退会方法
目次

国民健康保険の加入方法

国民健康保険の加入
国民健康保険の加入

国民健康保険の加入手続きは、近くの役所で行うことが出来ます。国民健康保険に加入する際に必要な書類は下記になります。

国民健康保険の加入手続きに必要なもの

国民健康保険の加入手続きに必要なものは下記の通りです。

国民健康保険の加入手続きに必要なもの

  • 健康保険資格の喪失日がわかるもの
  • 印鑑
  • マイナンバーがわかるもの

健康保険資格の喪失日がわかるものは、健康保険資格喪失証明書があれば問題ありません

健康保険資格喪失証明書は、会社を辞めた際に後日郵送で送られてきます。

役所の営業時間に注意

国民健康保険の加入手続きは役所で行うので、営業時間内に行く必要があります。

役所の営業時間

平日8:30〜17:00

在宅ワークの方は仕事中に行くことが可能かと思います。出社している方は、有給を取得していく必要があります。
銀行や役所は会社員が行きにくい時間帯ですよね、、、

国民健康保険の加入手続き手順

こちらの内容は役所によって異なるかもしれませんが、僕が実際に手続きを行った手順を紹介します。

整理券の受け取り

役所について最初に行ったのは、整理券の受け取りです。

役所は整理券を発行しており、番号が呼ばれるまで待つ必要があります。

最初に整理券を受け取ることで、手続きがスムーズに進みます。

加入手続き書に記入

整理券を受け取ったら、番号が呼ばれるまでの間に加入手続き書の記入を済ませます。

加入手続き書は、役所に置いてある書類で、こちらの書類に記入することで国民健康保険の加入手続きを行うことが出来ます。

書類やボールペンは役所に置いてあるので、持っていく必要はありません。

番号が呼ばれるまでの間に記入を済ませておきましょう。

書類を渡す

番号が呼ばれたら、担当の方に国民健康保険に加入したい旨を伝え、加入手続き書を渡します。

その後に、3つの必要書類を渡して手続きに入ります。

手続きが終わったら、その場で国民健康保険証を受理することが出来ます。ペラペラの紙の保険証です。

以上で手続きは終わります。

国民健康保険の退会方法

国民健康保険の退会
国民健康保険の退会

再就職したことで国民健康保険を退会する方もいるかと思います。

国民健康保険の退会も役所で行います。

国民健康保険の退会手続きに必要なもの

国民健康保険の退会手続きに必要なものは下記の通りです。

国民健康保険の退会手続きに必要なもの

  • 新たに加入する保険証
  • 印鑑
  • マイナンバーのわかるもの
  • 国民健康保険証

上記4つを持って役所にいく必要があります。

国民健康保険の退会手続き手順

退会手順も役所ごとに異なるかもしれませんが、僕が実際に退会手続きを行った手順を紹介します。

整理券の受け取り

加入時と同様に、整理券を受け取ります。

加入手続き書に記入

退会するときも加入手続き書に記入します。書類は加入時と同じものです。

書類を渡す

退会の旨を記入した加入手続き書を渡します。

また、この時に国民健康保険証も返却するので、忘れずに持ってくてください。

保険料はクレカ払い可能

クレジットカードで支払う
クレジットカードで支払う

国民健康保険料はクレカで支払うことが出来ます。

モバイルレジというアプリを使用することで、どこにいてもクレカで支払うことが出来ます。

モバイルレジとは、スマホでバーコードを読み込むと支払いすることの出来るアプリです。

国民健康保険だけでなく、住民税や光熱費の支払いも可能です。
(住んでいる自治体によって異なります)

保険料をクレカで支払うメリットは下記の通りです。

保険料をクレカで支払うメリット

  1. ポイントが貯まる
  2. 現金の準備が不要
  3. どこでも支払いが可能

それぞれ説明します。

ポイント貯まる

クレカで支払うことで、ポイントが貯まります。

住民税や保険料などは生きているだけで固定費なので、これらはクレカで払いましょう。貯まったポイントは支払いに回すことで、賢い消費につながります。

現金の準備が不要

クレカで支払うことで、現金の準備が不要になります。

僕は普段現金を使わないので、あまり持ち歩いていません。同じ世代の人は現金を持ち歩かない方が多いと思います。

そのため、保険料などを現金で支払う場合、まず銀行に行ってお金を引き下ろす必要があります。
正直面倒くさいです。

クレカで支払えば面倒なことが減ります。

どこにいても支払いができる

支払い方法は請求書にあるバーコードを読み込むだけなので、どこにいても支払いが可能です。

わざわざコンビニに行って支払う必要が無いのです。

国民健康保険に加入したら、モバイルレジをインストールしておきましょう。

最後に

この記事では国民健康保険の加入方法と退会方法について記事をまとめました。

各所で簡易的な手続きを行えば加入することが出来ます。

個人事業主や会社に属さない期間のある方は、加入手続きを行ってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる