隙間時間の使い方を磨いて人生をより良くする方法を紹介!【成長します】

隙間時間の使い方を磨いて人生をより良くする方法を紹介!

takato(@n8takato)です!

隙間時間の使い方を上手くなりたい

この記事では上記の課題を解決します。

日々過ごす時間には2種類あり、まとまった時間と隙間時間があります。

まとまった時間の確保は限られているので、隙間時間の使い方が注目されています。

隙間時間の使い方を見直すことで、人生を少しでも豊かにすることができます。

隙間時間の使い方を上手くなりたい方は、是非読んでみてください。

    この記事でわかること
  • 隙間時間を見直すメリット
  • 隙間時間を有効に過ごすコツ
  •  
目次

隙間時間の使い方を見直すメリット

隙間時間の使い方を見直すメリットは2つあります。

  1. 知識やスキルが身に付く
  2. 時間の使い方が変わる

それぞれ説明していきます。

知識やスキルが身に付く

隙間時間の使い方を見直すことで、知識やスキルが身に付きます。

これまで隙間時間をどのように過ごしてきたでしょうか?

SNSのチェックやLINEの返信に使っていたのであれば、それらを読書や勉強に変えるだけで知識やスキルを身につけることができます。

1回の隙間時間は数分程度ですが、積み重ねると大きな時間になるので、勉強には十分な時間と言えます。

時間の使い方が変わる

隙間時間の使い方を見直すことで、時間の使い方に対する意識が変わります。

これまで隙間時間をあまり意識していない場合、おそらくまとまった時間のみ予定を立てていたかと思います。

しかし、隙間時間にも作業が出来るとことを理解すると、隙間時間に仕事や勉強の予定を入れることが出来るのです。

ある有名な実業家が言っていましたが、隙間時間にデートは出来ないが、隙間時間に仕事は出来るのです。

隙間時間の種類

個人的な見解ですが、隙間時間には2つの種類があります。

  1. 3分未満の隙間時間
  2. 3分以上の隙間時間

それぞれ説明していきます。

3分未満のもの

3分未満の隙間時間は下記のものがあります。

  • 信号の待ち時間
  • 電車が来るまでの待ち時間
  • エレベーターが来るまでの待ち時間
  • レジの待ち時間
  • エスカレータに乗っている時間
  • エレベーターに乗っている時間

時に3分を超える場合のありますが、これらの隙間時間はおおよそ3分未満かと思います。

3分以上のもの

3分以上の隙間時間は下記のものがあります。

  1. ランチの待ち時間
  2. 電車に乗っている時間
  3. 友人を待っている時間

電車に乗っている時間は、多い人だと1時間を超える場合もあります。この場合は隙間時間ではなくまとまった時間になりますね。

隙間時間で出来ること

隙間時間で出来ることを書き出しました。

  • 読書
  • 語学学習
  • ニュースチェック
  • ブログ記事の作成
  • メールの返信
  • 資料の構成を練る

これらを3分未満の隙間時間と3分以上の隙間時間で分けていきます。

3分未満におすすめな作業内容

先程書き出した作業内容のうち、3分未満の隙間時間におすすめな作業内容は下記の通りです。

  1. ニュースチェック
  2. 語学学習
  3. メールの返信

それぞれ説明します。

ニュースチェック

Yahooなどのネットニュースであれば、3分で1つの記事を読むことが出来ます。

また、Spotifyなどの音楽ツールでニュースを聞くことで、ハンズフリーでニュースをインプットすることも出来ます。

エレベータに乗っている時間や電車の待ち時間をニュースチェックの時間に変えてみてください。

語学学習

3分未満であれば、単語の勉強にも有効です。

スマホアプリでは、1回10単語を勉強できるものが多いです。

10単語であればおおよそ1分で終わるので、3分未満の隙間時間であれば20〜30単語を勉強することが出来ます。

3分未満の隙間時間は、1日に何度の起こります。そに度に単語の勉強をすれば、1日で多くの単語を勉強することが出来ます。

メールの返信

メールの返信も3分未満の隙間時間で行うことをおすすめします。

スマホであればすぐにメールを返信することが出来るので、まとまった時間を他の業務に充てることが出来ます。

3分以上におすすめな作業内容

3分以上の隙間時間でおすすめな作業内容は下記の通りです。

  1. ブログ記事の作成
  2. 読書
  3. 資料の構成を練る

それぞれ説明します。

ブログ記事の作成

僕と同じようにブログ活動をしている方もいるかと思います。

ブログ記事も隙間時間で作成することが出来ます。

例え5分の隙間時間でも、3行ほど文章を作成することが出来るので、記事を仕上げるまでの時間を短縮することが出来ます。

読書

3分以上の隙間時間には読書もおすすめです。

あまりにも短い時間だと集中して本を読むことが出来ませんが、5分や10分などの隙間時間なら集中してインプットすることが出来ます。

スマホアプリを使えば、本を持ち運ばなくても本を読むことが出来ます。

資料の構成を練る

提案書や企画書などを作成する業務の場合、資料の構成を練る必要があります。

隙間時間に構成を練ることで、まとまった時間に資料を作成することが出来ます。

構成を練る際はマインドマップを使用することをおすすめします。

マインドマップを使用することで、自分の思考を可視化し整理することが出来ます。

また、マインドマップツールを使用することで、スマホやPCで確認することが出来るので、スマホで作成したマインドマップをPCで確認することも可能です。

僕がおすすめするマインドマップはmiroです。ホワイトボードアプリですが、マインドマップとしても使用できます。

外出先の隙間時間にスマホで作成し、それをPCで見ながら資料を作成することが出来ますよ。

隙間時間を有効に使うコツ

隙間時間を有効に使うには、コツがあります。

全てスマホでやること

隙間時間はまとまった時間と比較して短いです。

そのため、作業の準備に時間を取られるのは非常に勿体無いのです。

全ての作業をスマホで行うようにすれば、さっとスマホを取り出してすぐに作業を始めることが出来ます。

また、勉強や読書をスマホで完結させることで、持ち運ぶ必要がなくなります。

隙間時間をスマホで行う場合は、必要なアプリは常に立ち上げた状態にしてください

アプリを探したり立ち上げるだけで5〜10秒ほど無駄にしてしまいます。

アプリを常に立ち上げておくことで、スマホのロックを解除すればすぐに取り掛かることが出来るようになります。

¥1,287 (2022/02/04 14:02時点 | Amazon調べ)

最後に

この記事では隙間時間の使い方を上達させる方法を紹介しました。

隙間時間は積み重ねると多くの時間になります。そのため、隙間時間をどのように過ごすかで人生を変化させることも出来るのです。

この記事をきっかけに、隙間時間の使い方を見直してみてはいかがでしょうか。

まとまった時間の使い方を上達したいという方は、「時間の使い方が下手でも大丈夫!考え方を変えて時間の使い方を上達しよう!」という記事を参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる