自律神経の乱れは要注意!原因と予防方法を紹介します!【割と辛いです】

自律神経の乱れは要注意!原因と予防方法を紹介します!

takato(@n8takato)です!

自律神経の乱れはなぜ起こるの?

この記事では上記の課題を解決します。

忙しいビジネスパーソンほど自律神経を乱しがちです。

自律神経を乱すと体調を崩してしまいます。

この記事では、自律神経の乱れる原因と、予防策について説明していきます。

    この記事でわかること
  • 自律神経の乱れる原因
  • 自律神経が乱れるとどうなるのか
  • 自律神経の乱れを予防する方法
  •  
目次

自律神経とは何か?

自律神経には下記2つの神経が含まれております。

  • 交感神経
  • 副交感神経

交感神経とは?

交感神経とは、体が活発になると優位になる神経です。運動中やストレスがかかると交感神経が優位になります。

副交感神経とは?

副交感神経とは、体がリラックスしている時に優位になる神経です。

自律神経は、これら2つの神経のバランスを保つ働きをしています。

自律神経は、体の無意識の活動を支えております。

呼吸や消化など、意識しなくても活動するのは自律神経が正常に活動しているからです。

また、夜になると眠くなり朝になると目が冷めるのも自律神経が関わっております。

セロトニンとメラトニンと呼ばれるホルモンがあり、セロトニンが分泌すると目が覚め、メラトニンが分泌すると眠くなります。

なぜ自律神経が乱れるのか

交感神経と副交感神経のバランスが崩れることで、自律神経が乱れます。

先程説明した通り、自律神経には上記2つの神経が存在しております。

バランスを保つことで健康的な生活を送ることができますが、バランスが崩れると自律神経が乱れてしまいます。

自律神経が乱れる原因は、交感神経の過度な優位が多いです

頭の中に仕事のことが常にある状態や、多くの残業でリラックスすることが出来ていないため、交感神経ばかり優位になるのです。

仕事やプレッシャーと上手く向き合う必要があります。

自律神経が乱れるとどうなるのか?

自律神経が乱れると、下記のような病気を引き起こすことになります。

  • 自律神経失調症
  • パニック障害

自律神経失調症

自律神経失調症とは、体の至る所に異変が生じる病気です。例えば、常に頭が痛かったり出勤しようとすると吐き気がしたりなど、日常生活に支障をきたすほどの症状が出ます。

パニック障害

パニック障害とは、自律神経の乱れによりパニック発作が生じる病気です。電車やバスなど密閉された空間にいると、動悸がしたり手足が痺れたりする症状が起きます。あまりにも強い動悸がするため、このまま死んでしまうのではないかという強い恐怖を感じます。

自律神経を乱すと、これらの病気になりやすくなります。

自律神経を乱さないためにはどうすれば良いか?

自律神経を乱さないためには、規則正しい生活とストレスと上手く付き合うことの2つを意識する必要があります。

規則正しい生活とは、日々の生活の中に適度な睡眠運動を取り入れることです。

睡眠は、ストレスを付き合う上で非常に大切な要素となります。

睡眠不足の状態だとストレスを感じやすいので、適度な睡眠時間を確保してください。

また、運動はリズミカルなものを取り入れてください。

ウォーキングやランキングなど、一定のリズムの運動はセロトニンの分泌を促す効果がありストレスに強くなります。

最寄り駅まで少し遠回りして歩くなど、普段の生活にリズム運動を入れるための工夫をしてみてください。

仕事のプレッシャーを抱えてストレスを感じていると、交感神経ばかり優位になってしまいます。ストレスと上手く付き合うことで、頭の中にある仕事に対するストレスを軽減することができます。

仕事を細分化して予定に落とし込むだけでも、頭の中から仕事を忘れることが出来ます。

また趣味に没頭することで仕事のことを忘れることもできます。

このようにストレスと上手く付き合うことで、交感神経の過度の優位を避けることができます。

最後に

この記事では自律神経の乱れに関する内容をまとめました。

僕自身も一度自律神経を乱したことがあります。一度経験をすることで、普段の生活を見直すことが出来ました。

みなさんは自律神経を乱す前に、普段の生活を見直してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる